Gudri FAIR

Gudri Fair

全国のマライカで、期間限定巡回フェアを開催いたします。
新作のアイテムの他、過去好評だったアイテムをリバイバルさせました。
1 点物のグドゥリーアイテムを一度に沢山ご覧いただけるようになります。
開催期間をご確認の上、お近くのマライカにぜひお越しください!


重なり合い生まれた新たな生地

『グドゥリー』とはヒンディー語で刺し子を示す言葉で、南アジア北東部ベンガル地方で今でも続いている刺繍技法です。ものを大切にする文化から生まれた伝統技法で、着古したサリーや腰布など、穴が開いたり弱くなった布を何枚も重ね、全面に細かい刺し子を施して補強し、古くなった布を美しく丈夫に蘇らせて再利用しています。女性たちが、忙しい家事や農作業の合間にこつこつと作業し長い時間を掛けてびっしりと刺し子で埋め尽くした布は、唯一無二、どれも温もりが感じられる表情豊かな生地に仕上げられています。
今季は、そのグドゥリーに、もう一つ技法を掛け合わせた特別な商品ができました。一つは藍染め、もう一つはアジャラクプリントを施したものです。
ベンガルの村々から集められた沢山のグドゥリーから、それぞれの技法に合う布を選び、藍染めはラジャスタン州バグルー村の工房へ、アジャラクプリントはグジャラート州カッチ地方の工房へ運び、染色を施しました。バグルー村は自然由来の染料を使ったブロックプリントが盛んな地域。藍染めなどのナチュラルダイも得意としています。こちらで藍染めを施すグドゥリーには、無地に近いものを選んでいるため、美しいブルーが引き立ち、所々に見られる刺し子模様が一点ずつ異なる表情を生み出しています。
カッチ地方のアジャラクプリントは紀元前から続くと言われている伝統的な木版更紗です。主に藍や茜といった天然染料が使われ、このプリントによく見られる幾何学模様は、夜空に輝く星や草花などを表しています。グドゥリーの上からアジャラクプリントを施すことで、双方の色柄が重なり合い、より味わい深く感じられます。
温かみのあるグドゥリーが、もう一つ手仕事を加えたことで、より奥行きが感じられる特別な生地に仕上がりました。一点もののグドゥリー生地、一枚ずつ変化のある藍染めの色合い、様々な木版で捺染されたアジャラクプリント、その組み合わせから成る色柄は全て異なります。

『グドゥリー』とはヒンディー語で刺し子を示す言葉。女性たちが古くなった布に細かい刺し子を施して補強し、美しく丈夫に蘇らせて再利用しています。

今季は、そのグドゥリーに、もう一つ技法を掛け合わせた特別な商品ができました。一つは藍染め、もう一つはアジャラクプリントを施したものです。

温かみのあるグドゥリーが、もう一つ手仕事を加えたことで、より奥行きが感じられる特別な生地に仕上がりました。一点もののグドゥリー生地、一枚ずつ変化のある藍染めの色合い、様々な木版で捺染されたアジャラクプリント、その組み合わせから成る色柄は全て異なります。

オンラインショップでも販売中!
グドゥリーシリーズ
日程(MALAIKA)
10/29-11/8 名取 金沢 入間 越谷 横浜 岡崎 心斎橋 小倉 佐世保
11/12-11/24 盛岡 大宮北 ちはら台 木更津 相模原 各務原 神戸元町 博多 大分 堀之内
11/26-12/6 函館 前橋 つくば 戸田 有明 浜北 大須 佐賀 沖縄
12/10-12/20 旭川 宇都宮 大洗 幕張 八王子 平塚 稲沢 奈良 姫路
12/24-1/3 狸小路 深谷 佐野 中華街 小田原 東静岡 枚方 高松 長崎
日程(GA-ON)
10/29-11/8 藤沢 立川
11/12-11/24 広島
11/26-12/6 多摩センター 所沢
日程(MALAIKA)
10/29-11/8
名取店、金沢店、入間店、越谷店、横浜店、岡崎店、心斎橋店、小倉店、佐世保店
11/12-11/24
盛岡店、大宮北店、ちはら台店、木更津店、相模原店、各務原店、神戸元町店、博多店、大分店、堀之内店
11/26-12/6
函館店、前橋店、つくば店、戸田店、有明店、浜北店、大須店、佐賀店、沖縄店
12/10-12/20
旭川店、宇都宮店、大洗店、幕張店、八王子店、平塚店、稲沢店、奈良店、姫路店
12/24-1/3
狸小路店、深谷店、佐野店、中華街店、小田原店、東静岡店、枚方店、高松店、長崎店
日程(GA-ON)
10/29-11/8
藤沢店、立川店
11/12-11/24
広島店
11/26-12/6
多摩センター店、所沢店